青汁オリジナルシェイクで即効便秘解消

私は、ずっと健康のために青汁を飲み続けていますが、だんだん味に飽きてき始めています。
おなかも慣れっこなのか、最初の便通効果ほどの効果が見られなくなって来ました。
そこで、青汁だけじゃなく他の素材との総合効果で解消できればと思い、
あれやこれやと混ぜて飲んでみることにしました。
試してみるものの、美味しく飲めたり美味しくなかったり。
とにかく失敗に終われば成功に終わりこれからも飲みたいと思うこともあります。
私が色々と試してよかったのが、青汁と黄な粉・オリゴ糖のこのトリオコンビ素材でした。
黄な粉はよく牛乳に混ぜて飲んでいたことがあり、便通によかったのでこれが
野菜不足を補える青汁と、おなかにいいとされるオリゴ糖が混ざったらどんだけの
効果を発揮するだろうか?と興味わくわくでチャレンジしたところ、
すぐとはいえないけど、数時間のうちにおなかが活動を初めてすっきりと出すことが出来ました。
やはり、それぞれの相乗効果とも言えるのでしょうか?それともメインの青汁の効果?
いずれにせよ、私のおなかはこの黄金コンビに驚いたのですね。
ちょっと前までおなかが張って、便が詰まってる感じがして苦しかったおなかがすっきりしました。
お薬だといかにも無理やり出してますという感じがあるけど、青汁や黄な粉といったものは
自然素材だから、即効性がかなりあっても無理やり感がないので気に入りました。

 

 

『腸内洗浄』でまずは腸を動かす

腸内洗浄については、よく耳にするようになりましたね。 本来エステなどで行なわれる医療行為ですが、器具などの準備が出来れば自宅で出来ます。
腸内洗浄に必要な器具は、ネットで売っています。
構造が分かる人は自作しても良いでしょう。 私も自作しました。
人肌程度のぬるま湯を500~1000ccくらい、肛門から注入します。(苦しいと感じたら無理はしない)
注入が終わったらトイレに行き、お腹をマッサージしながら便意を待ちます。
そして便意を感じたら迷わず出す。
直腸がぬるま湯で洗い流され、普通に用を足すよりもスッキリします。
使用する水は薬局などで売っているミネラルウォーターなどがオススメです。
水道水には消毒用塩素が入っているからです。 
(この塩素も5分ほど沸騰させれば抜ける程度であり、問題ないという医師も居ます)
心配な人はミネラルウォーターを使いましょう。
習慣性、いわゆる”慣れ”はありません。
慣れとは、今回の例で言えば「腸内洗浄をしなければ便が出ない」状態の事。
これは特に心配いりません。
毎日やってれば起きるかもしれませんが、短期間で過剰にやり過ぎなければ問題はありません。
頑固な便秘だったら、まずは腸内の便を出すこと。
それから食事や運動など、便秘予防の方法をとりましょう。

 

 

えがおの青汁で即便秘が解消されました

私は昔から頑固な便秘もちでした。毎日トイレにこもってしまうので、家族からも文句を言われていました。
会社で仕事をしていても、お腹が張ってつらくなるとトイレに篭らざるを得なくなります。
おなかがパンパンに腫れて、まるで妊娠をしているようでした。そんな予定は全くないので、情けないやら悲しいやら。
具合が悪くなってトイレに行く度に男性の上司は嫌な顔をしますし、女性の上司からは「妊娠何ヶ月?」
「つわり?」と心ない言葉をかけられてかなり辛かったです。
便秘にいいとされる食品、例えばヨーグルトを飲んでもバナナを食べても、
なんと下剤を飲んでもまったく便秘が解消されることはありませんでした。
このままでは便秘のおかげで職を失ってしまうかもしれない・・・。大げさではなく、
便秘は私の人生をも左右するものになっていたのです。
毎日が憂鬱で、苦しかったのですが、とある日に母親に相談したところ、えがおの青汁を勧められました。
青汁で便秘が解消されたらラッキーと、軽い気持ちで飲み始めたのですが・・・。驚くことに、その日の夜に便秘が解消されました。
朝にえがおの青汁を飲んだだけなのですよ!こんなに早く便秘が解消されるなんてびっくりです。
便秘に悩んでいる人にはぜひオススメしたいですね。

 

 

笑顔の青汁で便秘をしらない私

私は子宮がんになりまして、ブログで自分の闘病記を書いていたら、ブログの友達ができました。
その方は、漢方の会社に勤めていたのですが、不幸にして子宮がんになってしまった方です。
そもそも、漢方は東洋医学の考え方のそのものになります。
さらに彼女は、大病を患いながら、がん治療をうけた後でも、
正社員としての勤務を続けているヒケツが「えがおの青汁」と話されていました。
私も、がん治療で手術をうけて、子宮を摘出してしまうと腸のトラブルがおこりやすく、
「便秘には注意するように」と婦人科の主治医からも言われていたので便秘解消の効果を考えてすぐに笑顔の青汁を注文したのです。
もちろん、私も大病をになって野菜が不足の生活を反省して、
野菜をたくさん食べる食生活をして便秘には気をつけていましたが、やはり元の体とは違って、
ほんの少しのトラブルでも便秘になることもあったのです。
しかし、「えがおの青汁」を積極的に飲んでいるとお通じがよくなったので気にいっています。
私の場合の即効の便秘解消のコツは、とても寒い日でない限りは、朝起きた時にえがおの青汁を冷たい牛乳にまぜて飲むことです。
これで便秘をしらない体になったのです。私には、この商品が手放せないので定期購入をして飲んでいます。

 

 

友達に勧められた方法で便秘解消

私は病院で便秘の薬をもらって飲んでいたのですが、それでも慣れすぎて効かなくなってしまったため困っていて、
とにかくなんとかしなきゃと悩んでいたのですが、あれこれと食べたり飲んだりしても効果がありませんでした。
ヨーグルトを一時的に大量に食べていたのですが、食べ始めはよかったけどだんだんと慣れてきて食べても効果を感じられなくなってきました。
もしかしたらヨーグルトだけじゃだめなのかなと思い、同じ青汁を飲む友達に相談をしたところ、
この青汁をヨーグルトや黄な粉で混ぜて飲むと効果あるよ!とものすごく絶賛して勧められました。
私自身、色んなものを混ぜ合わせて飲んだりするのが苦手なので、ちょっとやだなと思っていたけど、
今まさにおなかが張って便が出なくて苦しい状態なので背に腹は替えられないよね!ということで、
まずは友人おすすめの青汁とヨーグルトを試してみることに。
お世辞にも美味しいといえない気がしたけど、とりあえず作ったぶんは食べきることに。
少しおなかに来たかなと思ったけど、続いて、青汁と黄な粉をあわせてみることに。
これは青汁を作ってそこに黄な粉を入れて混ぜるんだけど、ちょっと冷たいと飲みにくい。
で、ホットにしたら、飲みやすくて更にはおなかが活動し始めたんです。
即効性あるな!と思って飲み続けたら、夜寝る前に快適に便が出たので驚いちゃいました。
効果がよかったのか、おなかが異物と思い込んだのか・・・真相は分かりませんが、
とにかく辛い便秘が速攻解消できたので、うそのようでほんとに驚いてしまいました。
友達に感謝しきりです。

 

 

青汁で腸を刺激して便秘解消

便秘というと、野菜不足・食物繊維が足りないというイメージが強いかと思います。
実際に私自身も食生活を見直してみると、お肉やお魚はあるものの、
野菜の量がとことん少ないそんな気がしてなりません。
でも、便秘解消に必要な野菜の量たるやかなりあると思いますので、野菜を食べての便秘解消は難しいと思います。
そこで、青汁を飲んだら野菜不足解消と便秘解消どちらもいけるんじゃないかと思いました。
色んな青汁がある中でも、えがおの青汁が気になっていたので試してみました。
青汁というのは、野菜をどっさりと食べることなく野菜の栄養分を効率的に摂取できます。
さらには、便通に欠かせない食物繊維もたっくさん含まれているんですね。
そんな食物繊維は、水に溶けにくい不溶性食物繊維・水に溶ける水溶性食物繊維の2種類あるのだけど青汁に含まれているのは、
前者の不溶性食物繊維なんだそう。
これは、腸内で水分を吸収して大きく膨らんで、腸内を刺激する事で腸の蠕動運動を活発にして早急な便通をも促してくれるのだそうですよ。
だから、野菜不足・食物繊維不足を補う・便通を促す意味で青汁を毎日、
そしてたくさん飲みつづけるようにするのが一番の解消法だと思います。
私自身も、こういったものを飲まない方なので、突然飲んだところあまり
時間をかけずして、便秘が解消してしまいましたので飲まない手はないと思います。
便秘解消方法はコチラ
肌に優しいファンデーションを見つけました。